『オウンドメディアリクルーティング アワード 2019』受賞企業発表

 

 

能動的かつ先進的な採用活動を行う企業を表彰する
『オウンドメディアリクルーティング アワード 2019』受賞企業発表

「サイボウズ」がグランプリに決定!
「オイシックス・ラ・大地」「コロプラ」
「ディー・エヌ・エー」「DMM.com」が入賞

 

世界No.1求人検索エンジン*「Indeed(インディード)」の日本法人であるIndeed Japan株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:高橋信太郎、https//jp.indeed.com 以下、Indeed)は、2019年11月28日(木)、『オウンドメディアリクルーティング アワード2019』の受賞企業5社とグランプリを発表いたしました。本アワードは、オウンドメディアリクルーティングに取り組み、能動的かつ先進的な採用を行う企業を表彰するものです。

 

 

Indeedは、「We help people get jobs.」をミッションとし、求職者が自分にとってより良い仕事をみつけるための様々な取り組みを行っています。その一環として、2018年10月から「オウンドメディアリクルーティング プロジェクト」を展開してまいりました。これは、求職者と企業がお互いにとってより最適なマッチングを実現するために、企業が主体的に情報発信をし、能動的に採用活動を行う「オウンドメディアリクルーティング」の広がりを応援するものです。そしてこのたび、各企業の先進的な採用の取り組みを広く発信することを目的に、初めて本アワードを開催。多くのエントリー企業の中から、審査員による厳選なる審査の結果、入賞企業5社、および、その中からグランプリ1社を決定いたしました。

本授賞式には、約150名の企業の採用責任者・担当者が参加、オウンドメディアリクルーティング自体への関心の高まりも伺えました。受賞企業の発表後には、受賞5社に加え、アワード審査員を務めた株式会社サイバーエージェント 取締役 人事統括 曽山哲人氏が参加し、パネルディスカッションを実施しました。受賞企業の具体的な採用への取り組みや今後の課題等について活発な議論が交わされ、日本の採用をアップデートする1日となりました。

Indeed Japan株式会社 代表取締役の高橋信太郎は、本アワードの開催について、このように述べています。

「入賞企業の採用サイトは、どれも求職者目線で伝えるべき情報が整理され、非常に魅力的な情報発信をされていると感じました。さらにサイトの導線設計やジョブディスクリプションの洗練さも伺え、非常にレベルの高いアワードになったかと思います。昨今、求職者の情報収集におけるリテラシーの高まりや価値観の多様化から、オウンドメディアリクルーティングの重要性はますます高まっています。今回入賞された企業のような先進的な活動が世の中に共有されることで、日本の企業の採用がさらに活発化することを願っております」

Indeedはこれからもオウンドメディアリクルーティング プロジェクトを通じて、日本における採用のミスマッチをなくし、求職者がより自分に合った仕事を見つけられる世の中の実現に取り組んでまいります。

 

 

■受賞企業の取り組み内容と審査員コメントについて

【グランプリ】

サイボウズ株式会社 人事本部 採用育成部

 「サイボウズ式を軸とし、自社の魅力を能動的かつオリジナリティ溢れる形で発信」

「チームワークあふれる会社を創る」というテーマを掲げるサイボウズでは、オウンドメディア「サイボウズ式」、エンジニアサイト「Cybozu Tech」などを運営。さらに「複業採用」「ポテンシャル採用(旧U-29採用)」といった新しい採用方法も積極的に取り入れています。「サイボウズ式」では、サイボウズの採用に限らず、誰が読んでも読み応えのあるコンテンツを展開。採用サイトにおいても、自社情報が整理され、トップメッセージから社内環境までが理解しやすいサイトとなっています。

Cybozu Recruitment https://cybozu.co.jp/company/job/recruitment/
サイボウズ式 https://cybozushiki.cybozu.co.jp/
Cybozu Tech https://tech.cybozu.io/

<審査員コメント>

「審査員を唸らせてしまうほど、サイボウズの発信力は群を抜いています。しかし、サイボウズは2005年には離職率28%、辞めてしまう社員に悩める会社でした(ここ数年は、5%を切る水準に下がっています)。「採用」という枠にとらわれず、悩み・課題・挑戦を、個人が責任を持って共有しています。10年でここまで変われる、それを教えてくれるいい事例です」(審査員 林千晶氏)

 

 

【入賞】 ※五十音順にて掲載

オイシックス・ラ・大地株式会社 HR本部

「質の高い情報発信から、オイシックス・ラ・大地らしさや、そのこだわりが見える」

採用サイトでは、ジョブディスクリプションが特徴的で、基本情報の他に、職種ごとのやりがいや、職場の環境がすぐ理解できるような設計がなされています。また、コンテンツ制作にも力を入れており、オイシックス・ラ・大地をよく知るライターをパートナーとして迎え入れることで、情報発信の質を高める施策をとっています。

Oisix ra daichi RECRUIT – これからの食卓、これからの畑 https://recruit.oisixradaichi.co.jp/

<審査員コメント>

「開いた瞬間から明るい雰囲気が伝わってくる、思わず見たくなるページです。それぞれ記事の導線も自然な流れで、すぐに必要な情報を見つけることができます。また、記事のタイトルや使う画像も読者目線でよく考えられており、詳細を見たいと感じます。ジョブディスクリプションでは口語体で説明が添えられているのが印象的で、形式的になりがちな募集要項に温かみが加わっています。」(審査員 曽山哲人氏)

 

株式会社コロプラ HR本部 人事部 ベアーズグループ

「社内外に向けて継続した発信を行い、長く親しまれるオウンドメディアを実現」

「コロプラ Be-ars」は2015年にリリースされてから、社員の経歴や業務内容、企業文化はもちろん、クリエイターによる技術情報から取締役の本音まで、他メディアでは出せないコアな情報を公開しています。エンタメ企業として、メンバーの個性や社風をダイレクトに伝えるため、文章は会話調で統一。また、スマホアプリを運営する企業であるため、UIへのこだわりが強いのも特長です。写真や動画を多数掲載し、職場環境や社員の顔を伝えることで、求職者やご家族に安心感を抱いてもらえるようにしています。

コロプラ Be-ars https://be-ars.colopl.co.jp/

<審査員コメント>

「優秀な求職者であるほど、企業名や提供する製品・サービスからイメージされるその企業のイメージと、実際にその企業が提供している各種メディアのイメージの間の一貫性を気にしています。外部に提示される組織のアイデンティティの一貫性、とでもいいましょうか。必要な情報を提供するという機能性はもちろんのこと、こうした意味でのメッセージの一貫性が同社のオウンドメディアの魅力だと思います。」(審査員 服部泰宏氏)

 

株式会社ディー・エヌ・エー ヒューマンリソース本部人材開発部

「テーマごとに細分化されたオウンドメディアにより、職種ごとにカスタマイズされた情報を提供」

「熱量持って働ける環境をつくる人事プロジェクト」の一環として立ち上げられたオウンドメディア「フルスイング」の他、ゲーム事業部に特化したメディア「GeNOM」や職種にフォーカスした「DeNA Engineer Blog」「DeNA DESIGN BLOG」などを運用しています。特に「フルスイング」は立ち上げ以降2年間、月6~8本程度のコンテンツを更新し続けています。採用サイトにおいても、かなり細分化されたジョブディスクリプションが際立っています。

DeNA Career https://career.dena.com/
フルスイング https://fullswing.dena.com/
DeNA Engineer Blog https://engineer.dena.jp/
DeNA DESIGN BLOG https://design.dena.com/

<審査員コメント>

「採用サイトは、絞られた情報が端的に伝わってくることに好感がもてます。また、採用オウンドメディア「フルスイング」では、自社事業が多岐に渡るにも関わらず、情報が職種別で明確に分類されているため、「DeNAの事業内容やそれに関わる仕事、社員の人物像」がすぐに理解できる内容となっています。まさに求職者目線を体現した、オウンドメディアリクルーティングのお手本のような採用サイトです。」(審査員 高橋信太郎)

 

合同会社DMM.com 人事総務本部 人事部

 「自社の多様な事業の情報を、限りなくシンプルに伝え、求職者の企業理解を促進」

コーポレートサイトは、「BUSINESS」「PEOPLE」「TECHNOLOGY」という3つのカテゴリー分けが行われ、事業が多岐にわたるにも関わらず、情報が精査されたシンプルなサイトを実現。さらに、会社説明や業務内容紹介には、積極的に動画が活用されることで「DMMがどんな会社か?」が伝わる内容になっています。オウンドメディア「DMM inside」の運営もされており、DMMの技術やカルチャーの情報を発信しています。

採用|DMM Group  https://dmm-corp.com/recruit/
DMM inside https://inside.dmm.com/

<審査員コメント>

ドメイン最適化やコンテンツの量と質を高いレベルで発信されている点を、非常に評価させていただきました。また、DMM.insideのみならず、採用サイトやコーポレートサイトも含めた情報流通の設計力の高さも際立っています。多様な事業領域を支える職種別コンテンツも充実しており、ジョブディスクリプションも詳細かつ丁寧に記述されています。(審査員 松尾彰大氏)

 

 

■オウンドメディアリクルーティング アワード2019 概要

名称 :オウンドメディアリクルーティング アワード2019(Owned Media Recruiting AWARD 2019)

授賞式日時 :2019年11月28日(木)10時30分~13時00分

授賞式会場 :グランドハイアット東京(東京都港区六本木6丁目10-3)

募集期間:2019年9月12日(木)~10月4日(金)

応募資格:日本国内で企業活動を行っている企業(外資系含む)・団体 自薦、他薦、または選考委員会の推薦

審査基準
1.オウンドメディアリクルーティング戦略観点

  • 採用サイトだけでなく、SNSやブログメディアなど各チャネルの特性を理解した情報発信を行っている

2.シェアードバリューコンテンツ観点

  • 自社のパーパス(存在意義)を求職者に魅力的に伝えられている
  • 自社の働く環境や社員の魅力を伝え、求職者の共感を得ている

3.ジョブディスクリプション観点

  • ジョブディスクリプションが求職者目線で書かれている
  • ジョブディスクリプションが職務記述として充実している

審査員(五十音順):
黒田 真行氏(ルーセントドアーズ株式会社 代表取締役)
曽山 哲人氏(株式会社サイバーエージェント 取締役 人事統括)
高橋 信太郎(Indeed Japan株式会社 代表取締役/ゼネラルマネジャー)
服部 泰宏氏(神戸大学大学院 経営学研究科准教授)
浜田 敬子氏(BUSINESS INSIDER JAPAN 統括編集長)
林 千晶氏(株式会社ロフトワーク 代表取締役)
松尾 彰大氏(株式会社メルカリ/株式会社メルペイPeople Talent Acquisition Group Manager|Inhouse Editor)

「オウンドメディアリクルーティング アワード 2019」特設サイト
https://owned-media-recruiting.com/omr-award-2019/

 

 

■オウンドメディアリクルーティングとは

自社の運営するメディア(自社サイト、SNS、社員の発信等)を軸に、高付加価値人材に自社主体で直接メッセージを発信し、共感を喚起することで人材獲得につなげていく能動的リクルーティング手法です。

Indeedは、この「オウンドメディアリクルーティング」を広く社会に認知させる取り組みとして、「オウンドメディアリクルーティング プロジェクト」を2018年10月より展開しています。

※参考サイト:https://owned-media-recruiting.com

 

■プレスリリースは、下記からもご覧いただけます。
【プレスリリース】『オウンドメディアリクルーティング アワード 2019』受賞企業発表

 

# # #

Indeedについて

Indeedは、世界で最も多くの求職者に利用されている世界No.1求人検索エンジン*です。現在60ヵ国以上、28の言語でサービスを展開し、求職者はパソコンやモバイルで何百万もの求人情報を検索することができます。月間で2億5千万以上のユーザーがIndeedを利用**し、求人検索や履歴書の登録、企業の情報検索を行っています。詳細はhttps://jp.indeed.comをご覧ください。

*出典:Comscore 2020年3月総訪問数
**出典:Google Analytics 2018年9月ユニークビジター数

# # #

お問い合わせ情報

本件に関するお問い合わせ先

Indeed Japan株式会社 広報窓口
E-mail : jp-pr@indeed.com